ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタル株式会社Hitachi Card

Hitachi Corporate Card

商品・サービスのご紹介

■Hitachi Corporate Cardの仕組み

  • 法人カードで決済された旅費や交際費等の諸経費を日立キャピタルから一括で法人様へご請求させていただくことにより、経費精算の効率化を図る仕組みです。
  • 経理部門をはじめとしたコーポレート部門の業務効率化だけでなく、仮払や立替払いの削減により従業員様にもメリットがあります。
  • 経費精算システムとの連携により更に経費精算に関連する業務の効率化、コスト削減などが図れます。
  • ■主な導入メリット

    コンプライアンス強化   カード利用により「誰が・いつ・どこで・いくら使ったか」がはっきりします!
    ご利用明細で内容が確認いただけますので、経費利用の透明化を実現、 領収書改ざん等不正行為の発生を抑制し、牽制効果を発揮。
    コスト削減
    1. 従業員様への精算や取引先への振込がカード発行会社である日立キャピタルに集約化され、振込手数料を削減!事務処理も減るため人件費もカット。
    2. 国内外旅行傷害保険が自動付帯されているため保険料を削減します。
      また、保険のかけ忘れ防止等の効果もあります。
    3. 付帯保険: 海外・国内傷害死亡・後遺障害
      5,000万円限度

    4. 各種旅費の割引プログラムをご用意。利用するだけで直接的なコスト削減となります。
       ※ご利用には一定の条件があります。
    経理業務効率化
    1. 前述の通り支払先の集約化に伴い出納業務が軽減されます!
    2. カード利用データと経費精算システムの活用により精算に必要な伝票・証憑を削減します。
    従業員の負担軽減
    1. 立替払い、仮払いが削減されることにより、一時的な金銭を立替える負担、精算業務務等の負担が削減されます!
    2. ご出張等経費のために余分な現金を持ち歩く必要がありません。
      お問合せ

      ■スキーム図

      【カードのみ】

       

      【カード+精算システム】 ※推奨

      経費精算システムとの連携によるメリット

    3. 弊社より法人カード利用データをお客様の精算システムへ連携いたします。連携したデータを基に経費精算システム上で経費の申請・承認が可能となりますので従業員の入力の手間を省くことができます。
    4. 連携されたデータは金額等の内容が変更できない仕様となっておりますので、金額の誤入力・改ざんを防ぎます。
    5. 法人カードと併せて経費精算システムをご利用いただくことにより、隙間時間での経費精算業務が可能となり、働き方改革に寄与いたします。
    6. ■機能

      ブランド
      ご請求方式 法人一括請求方式
      ご利用可能枠 法人様の総利用額とカード毎の利用額の設定となります
      年会費 発行ご予定枚数等により個別に年会費を 設定させて頂いております
      保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
      国内旅行傷害保険(利用付帯)
      【Mastercardブランドのみ】
      キャッシング 無し
      お問合せ

      Q&A

      Q1. 発行枚数に制限はありますか

      A1. 発行枚数に制限はございません。

      Q2. 従業員個人の審査が必要ですか。

      A2.本サービスは会社決済型のため、個人の審査はございません。
      尚、初回お申し込み時に法人様の弊社所定の審査がございます。ご要望に沿えない場合もございますので予めご了承ください。

      Q3. どういったシーンでの利用がありますか。

      A3.交通費、宿泊費、交際費、手土産品の購入、備品・部材 の購入等カード決済できるものであればご利用いただけます。

      Q4. カードを紛失した場合が不安です。

      A4. カードには紛失・盗難が付保されておりますので、万が一紛失後に不正利用された場合でも所手続にて不正と認められた場合には補償いたします。

      Q5. 従業員がカードを使い込んでしまわないか不安です。

      A5. 限度額の調整による利用額の制限が可能です。カード1枚ごと、1万円単位から限度額を設定・変更いただけます。

      ■経費精算システム会社一覧